2016年8月26日金曜日

[2016/09/11 追記]Xperia Z3 Compactのタッチスクリーンに不具合が出てしまったので修理に出した

「ドコモ管理品」は僕が追加した所有者情報です

どうも、気がついたら家族全員Xperiaユーザー、GK街道まっしぐらのharetaです。

半年以上ブログを放置し、どさくさに紛れて台湾旅行をしてあとずっとポケモン探しの旅をしていたらバチが当たったみたいです。

一年半ほど前から使っているXperia Z3 Compact(SO-02G)、家族で使っている3台のうち自分と母の2台に不具合が出てしまい、修理対応ということになりました。

故障箇所は2台ともタッチスクリーン、しかも2台とも右上から左上にかけての128ピクセルほどの幅の反応がなくなってしまいました。

ケータイ補償に入っているため修理は無償とのことでした。

[2016/09/11 修理されて返ってきました] 



まずは母のものを預かり修理、手続きが終わったその直後に同様の問題が出た自分の物も後日持ち込み、また預かり修理という形でメーカーに送り、2週間ほど修理交換のため代替機で過ごしてクレメンスと言われました。

母の代替機はXperia Z2でしたが、僕はarrows Fitです。アップデート禁止と言われたのでOSは5.0のままなので五回くらい「は?」ってなりました。

以下代替機の悪口です。↓

arrows Fit、かつてレグザフォンやアローズでブイブイいわせたほどのツッパリっぷりはないのだが、
  • 指紋認証はまず画面を点灯させないといけない
  • しかも指を動かさないといけない
  • 指の方向が違うだけで認証失敗する
  • センサーがスリープ/スリープ解除ボタンになっていて力を込めると間違えて押してしまいロックされる
という、まずこの点においてサブでNexus 5Xを使っている人間からすると苦痛で苦痛でしかたがない仕様な上に、これでいてZ3Cよりも後発だというところでもう涙が止まらない。

お願いだから早く修理されて戻ってきて欲しい。苦痛だから電話とメールとLINE以外全部今のところNexus 5Xでこなしている。これがあってなんとか持ちこたえられている。

18きっぷがまだ余ってる上に台風が近いもんだから、近いうちにどっか行っておこうと思ったけど、出かける気にもなれない。

そんなZ3Cもケータイ補償で交換になるとZ3Cの在庫がなくA4になってしまうというので、あの微妙な持ちやすさも首の皮一枚つながっている状態であるというのはなんとも嘆かわしい。GNみたいに中古の良品を1つ調達しておこうか。

[追記 9/7(水)]

もうかれこれ二週間近くが経過するのですが、なかなか返ってくる気配がありません。
母のものについては既に二週間以上経過していて、なかなか時間がかかっているようです。
そこに加えてTwitterのフォロワーさん複数名も同様の不具合で修理対応中とのことで、修理対応の部署が混雑しているのかもしれません。

[追記 9/11(日)]

9/10(土)にメールで修理完了、修理代金は無償ということで連絡があり、翌日朝一番に取りに行きました。

ディスプレイ一式の交換、基盤の交換、リアケース(背面ガラスパネルと縁のフタとか)の交換となりました。
他のブロガーさんが書いているように、ほぼほぼ本体交換みたいなそんな感じですね、でもそれ以外のパーツ、特に各モジュール類やバッテリーはそのまま戻されてるらしいのですが。

受付の流れとしては

代替機の確認→不具合がないかの再度の確認→基盤変更でIMEIも更新されているためSIMロックの再解除→おサイフケータイ移行の書類発行

で一時間かかりました。カウンターには案内されず、安楽椅子に座って水啜ってたら嬢が来て諸々の確認をしては戻ってみたいな感じになりました。四往復もするくらいならカウンターでええやんけ。

木曜に母のが先に返ってきていたのですが、受付から受け取りまでに3時間かかった上に、夕方の店内にいた全員がZ3 Compactの修理の受付だったのでもう涙が止まりませんでした。
ちなみに今回僕が行った時、先に待っていた2組のうち1組がZ3 Compactの修理だったみたいです。なんだこれは。

0 件のコメント:

コメントを投稿